blog

Date - 2019.03.01

Category -

豪華客船を選ぶならこの方法!クルーズを予約するなら

年々、豪華客船で行くクルーズ旅が人気になってます。
日本へ寄港する豪華客船の数が年々増えています。

世界的に見ても新しい豪華客船がどんどん作られていますし、
クルーズ業界は年々右肩上がりで成長を続けています。
恐らく今後もどんどんシェアを伸ばしていくことが予想されます。

 

中でもクルーズ業界が注目しているのは、
中国をメインとしたアジア市場、それに加えてメキシコに今は注目をしているようです。

メキシコは観光事業が年々発達してますし、
お金持ちのメキシコ人が増えて来ました。

 

今まで日本にはあまり豪華客船が来ていませんでしたが、
この2−3年、どんどん新しい船が来るようになっています。
日本政府も豪華客船をもっと日本に呼ぼうと動いているみたいですね。
大きな港を持つ都市は豪華客船がもっと来るようにと動きかけているようです。

今回の記事では今まで豪華客船に乗ったことがない人に向けに、
どうやってクルーズを選んだらいいのか、
どうやったら自分に合った豪華客船を見つけることができるのかについて紹介したいと思います。

 

 

自分に合った豪華客船を選ぶ為に知っておくべきこと

英語があまり得意でない日本人は、
ほとんどの場合、
ツアーを選びその会社を介して豪華客船のツアーに参加します。


このメリットは、ツアーガイドが同乗するため、
困った時に英語が話せなかったとしても日本語で対応してもらうことができます。

慣れてくれば、ツアーガイドなしでもクルーズ旅行はそんなに難しくありません。
最近は日本人クルーも増えてますしね。

しかし、初めての豪華客船の旅行ということであれば、
ツアーから申し込むのが無難でしょう

 

ツアー会社は様々な選択肢があります。
大手で言えば、JTB、なんかも豪華客船のツアーを募集してますね。

・JTB


 

他にも様々なツアー会社があります。
もしどのクルーズ会社の船に乗るかまだ決めていないのであれば、様々な候補が見れるツアー会社九から探してみると良いのではないでしょうか。

 

・ベストワンクルーズ



 

もしあなたがもう乗る船を決めているのであれば、直接そのツアー会社もしくはクルーズ会社から出ているツアーに申し込むっていうのがいい選択肢かなと思います

僕のオススメはディズニークルーズとロイヤルカリビアンです。

・ロイヤルカリビアン



・ディズニークルーズ



 

この二つは特に家族連れに良いですね。

ディズニーは皆さんも想像がつくかと思うんですが、
ディズニーランドのようなイメージを持ってもらうといいんじゃないでしょうか。

 

ディズニーランドの豪華客船版ですね。
船内にアトラクションなどはないんですが、
代わりにディズニー映画専用のシアターがあったり、
キャラクターと写真が撮れたり、
キッズスペースでは子供の向けに様々なアクティビティーもあります。

 

若い方であれば、僕はロイヤルカリビアンもおすすめします。
ロイヤルカリビアンには様々なアクティビティーがあります。
船上でロッククライミング、サーフィン、スカイダイビングの体験をできる施設があったりします
これらは他の豪華客船にはないものですね。

 

船内のショーも本場のブロードウェイでやってるようなクオリティーのショーを楽しむことができます。

それでいて、クルーズの費用はあまり高くありません。
費用自体は航路と日数によって変わるので一概には言えませんが、
1日あたり百ドル前後といった値段設定になってます。

ディズニークルーズは他のクルーズライン比べて少し値段は高めになっています
しかし、クオリティーの面から考えると、その値段も頷けるのではないでしょうか

今現在、ディズニークルーズはほとんどアメリカ発着のもので、
日本からはなかなか行きづらいですが、

2021年から3年連続でディズニークルーズは新しい船の建造予定です。
それに伴い、航路も変わり、アジアクルーズがスタートする予定だそうです。

 

今すぐでなくても、アジアクルーズが始まった段階で、
ディズニークルーズに行くっていうのも良いのではないでしょうか。

もしすぐにディズニークルーズに乗りに行くと言うのであれば、
せっかくなのでフロリダのディズニーワールドであったり、
カリフォルニアのディズニーランドに一緒に行くのもいいんじゃないでしょうか。

 

英語が話せる方におすすめな方法

英語が話せる方は直接クルーズラインのサイトから予約するのがおすすめ。

もしあなたが英語を話すことに問題がなければ、
直接クルーズ会社のウェブサイトから、クルーズの予約をするのも良いかと思います。

このメリットは、仲介業者は挟まないことで、その分費用が抑えることができます。

また、豪華客船に行くクルーズは何度も繰り返すことで、
より割引を受けれるようなシステムになってます。

リピーターの多くは、乗船中に次回のクルーズの旅行予約をします。
なぜなら、船の上で予約をするとその分値段が安くなったり、
様々な特典が付いていたりします。

・ディズニークルーズ
https://disneycruise.disney.go.com

・ロイヤルカリビアンインターナショナル

https://www.royalcaribbean.com/

・カーニバルクルーズ

https://www.carnival.com/

・ホーランドアメリカ

https://www.hollandamerica.com/en_US.html

・プリンセスクルーズ

https://www.princess.com

・クリスタルクルーズ

https://www.crystalcruises.com/

・バイキングクルーズ

https://www.vikingcruises.com/

・オーシャニアクルーズ

https://jp.oceaniacruises.com/

 

初回でとりあえず行くというのであれば、
どこのクルーズラインでも良いのですが、
もし、何度もクルーズに乗りに行くっていうことを考えるって言うのであれば、
一つのクルーズラインで継続して行くのが良いでしょう。

 

クルーズの選択と費用の違い

僕は今まで五つのクルーズラインの船に乗ってきました
クルーとして働く側として乗っていたわけですが、
ゲストで乗るならどこがいいかという視点でも様々なクルーズ船を見ていきたので、
いろんなアドバイスができるかなと思います。

費用を抑えたいので有れば、
カーニバルクルーズ、もしくはロイヤルカリビアンが良いでしょう。

質の高いサービスを求めるというのであれば、
ディズニークルーズ、シルバーシークルーズ、セレブリティクルーズが良いでしょう。

豪華客船の中にもランクがあります
3つ星4つ星、5つ星、そして6つ星クルーズというのもあります。

6つ星クルーズに該当するのは、バイキングクルーズとクリスタルクルーズ、オーシャニアクルーズが挙げられます。

6つ星クルーズになると1回のクルーズ費用が跳ね上がります。
最低料金が10日間クルーズで約4000ドル程となっています。
船によってはもっと高いです。

もしスイートルームに泊まるんであれば、
その10倍の値段は見ておいた方がいいでしょうね。

 

逆に三星であったり、4つ星クルーズであれば費用はそこまで高くありません。
5日間クルーズぜ、450USDであったり、
7日間クルーズで300USDと言った、クルーズもあります。
(だいたいフロリダ発着のカリブ海クルーズですが)

この費用には食事代と部屋代が含まれています。
船内には様々なアクティビティーもありますし、それも含まれています。

含まれていないのは、チップだったり。
お酒代が別になってるところが多いです。

 

クルーズラインによって年齢層が大きく変わります。
なので、自分に合った年齢そのオフでも喋ると楽しむことができるでしょう。

60代以上であれば、
プリンセスクルーズかホーランドアメリカ、セレブリティクルーズもオススメですね。

30代40代であれば、カーニバルクルーズ、ノルウェージャンクルーズ、ロイヤルカリビアンが良いでしょう。

 

年齢別のおすすめクルーズラインについてはまた別の記事でまとめたいと思います。

今後ますます一般的になっていくと思われる、クルーズ旅行。
ぜひ1度行ってみてはいかがでしょうか?

少し遠いですが、
僕のオススメはアラスカクルーズとオーストラリアクルーズです。
ニュージーランドクルーズもいいですね。

The vacationという感じを体感したいのであれば、
カリブ海クルーズがベストでしょう。

ぜひ、非日常の体験をしに行ってみてください。
豪華客船とは、そういった場所です。

クルーズに行った先で見れる景色の写真はこのホームページのギャラリーに入れてますんで、
よかったら見てみてください。↓

https://mitsmatsunaga.com/gallery/

MITS

 


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

blog about

ブログでは鍼灸・医療・身体の事を中心にMITSが実際に経験したことから学んだことを書いています。

時には旅の話や日頃考えていることなど医療と全く関係ないことも書いています。

 

ブログを通して生き方、考え方などを伝えています。MITSの見て感じている世界を少しでも共有出来たらなぁと、このブログを通して人々が幸せに生きる力になれたらなぁと思って書いています。

 

こちら↓でコラムを書いてますので興味がある方はのぞいてみてください。




Recommend
Category
youtube youtube