blog

Date - 2018.09.10

Category -

豪華客船に乗りたい鍼灸師に問う。あなたの治療に$150の価値はあるのか?

ここ1−2年、日本で豪華客船クルーズが有名になって来た影響か、豪華客船で働きたいと考える鍼灸師や鍼灸学生が増えて来ているように思う。

実際に僕に連絡してくれた方もいるし、僕経由で豪華客船に乗った鍼灸師もいる。

相談されれば、自分がしてもらっとのと同じように、むしろそれ以上にしっかりと相談に乗っている。なので、豪華客船で働きたいと考えている鍼灸師の方は気軽に相談してくれればと思っている。

豪華客船を目指す前に考えて欲しいこと


豪華客船という職場環境がどういう鍼灸師に合っているのか。

確実にひとつ言えるのは、鍼治療の腕で勝負が出来る鍼灸師だということだ。

 

豪華客船での1回の鍼治療費は、150USDと決まっている。そこにさらに自動的に15−18%のチップが加算されるから実質172.50-177USDだ。(約2万円)

パッケージ価格を設定してクルーズ中に何度も鍼治療を受けに来る人には値段の割引をすることもあるが、100USDを下回ることはない。(最大割引50USDまでと会社で決められている)

 

つまりだ。船で鍼治療を受けに来るゲストは、150USDを支払う価値のある鍼治療を期待している。

 

ここで豪華客船で鍼灸師として働くことを目指しているあなたに問いたい。

・あなたの治療に150USDを支払う価値はあるのか?

 

もしここでNOという答えが出るのであれば、
英語の勉強をして船に乗るのを目指す前にやるべきことがあるのではないだろうか?

 

1隻の豪華客船に鍼灸師は1人だ。
船に乗ったあと手取り足取り治療を教えてくれる人はいない。
自分で勉強を続け、治療の腕を磨いて行かなければならない。

診察、治療、セルフケアの指導、漢方の処方が自分一人で出来なければ、あなたにはまだ豪華客船で働く必要最低限の準備が出来ていないと言える。

たとえ、これらを自分一人で出来たとしても限られた症状しか治せないようでは話にならない。

豪華客船で使用する鍼が有効な症状一覧をみて頂きたい。
こちらだ↓


船のスパでは、これらの症状に鍼が効きますとプロモーションをする。

つまり、鍼を受けに来るゲストは、豪華客船で働く鍼灸師はこれらの症状に対して治療が出来ることが前提で治療を受けに来ると言うことだ。

 

このリストだけでビビっていては話にならない。
ここに載ってない、学校の教科書の中だけでしか見ないような難治疾患の治療に来るゲストも中にはいる。僕は今まで、ALSやMS、パーキンソン病といった難治疾患を持つ患者さんを船で治療し効果を上げて来た。こういった疾患のゲストの割合は少ないが決してゼロではないことを覚えておいて欲しい。

 

自分が今まで診たことのない症状・疾患を抱えてゲストが、一縷の望みを持って船で鍼治療を受けに来る。その理由がなんなのか、なぜだかわかるだろうか?

それは、海外では腕の良い鍼灸師を見つけることは簡単ではないからだ。
そして、豪華客船という5つ星、6つ星のスパで働いている鍼灸師ならばきっと良い腕を持っているだろう。クオリティの高い鍼灸師なんだろうと。

 

豪華客船のスパは、どこにでもあるような環境ではない。間違いなく、世界でもトップクラスのサービスを提供するスパだ。

そのサービスのひとつとして、鍼灸師は鍼治療を行う。だからこそこの値段なのである。

 

もう一度問う。

あなたの鍼治療に150USDを支払う価値はあるのか?

 

 

成功者はいつも根拠のない自信を持っている


これまで豪華客船の記事を書いて来て、船に乗ることを大いに勧めて来た。

それでいて今回の記事である。もしかしたら自信を喪失して豪華客船を目指すことを諦める鍼灸師や高い壁を感じている鍼灸学生がいるかもしれない。

 

正直言えば、これくらいの壁を乗り越えられないようでは海外や豪華客船で鍼灸師として働いて行くことはそもそも向いていないと個人的には思う。

世界で鍼灸が盛んになって来ている今だからこそ、海外に出て行く鍼灸師には日本で働く以上の腕と知識が求められるというのが僕の個人的な意見だ。

日本で患者を満足させられる腕のない鍼灸師が海外に出て治療をして行くことはむしろ弊害にさえなると思う。

鍼灸が盛んになっているからこそ、質が求められる。
特に海外では鍼灸は、医療として受け入れられ始めている。そこには間違いなく治療結果が出ているという事実があるからだ。

もし、腕のない鍼灸師がたくさん海外に出て、治療効果を出せなければ、鍼治療への信頼は失墜して行くだろう。

今現在でなお、鍼灸師の腕の差の大きさが日本での鍼灸の発展を妨げる一因となっている事実は無視出来ないし、同じことが海外でも起きている。

だからこそ、最低でも上記のリストに載っている症状に対して効果が出せる鍼灸師というのが豪華客船に乗る上での最低ラインなんじゃないかと僕は思っている。

 

だからと言って船に乗る前に全ての症状を治療して効果を出せと言ってるわけではない。
上記の症状を持つ患者さんが来た時に対処出来るだけの知識と治療法を勉強しておけというのが本当に言いたいことだ。

 

事実、僕は船に乗る前に治療したことのなかった症状がたくさんこのリストにある。
今ではリスト全ての症状を治療して来たし、しっかりと効果も出している。

 

大切なのは、根拠のない自信と言ってもいい。
治療をしたことが無い症状でも自分なら効果を出せるという自信。
それがあればたとえ経験が少なくても豪華客船で結果を出すことが出来るだろう。

 

そして、その根拠のない自信を作るのは、圧倒的な勉強量だと僕は思っている。

豪華客船に乗りたいのであれば、他人の数倍鍼治療について勉強しろ。
それが出来なければ学生からすぐに豪華客船に乗ること、卒業してすぐ豪華客船に乗ることなんて諦めた方がいい。

 

あなたの為に言ってるんじゃない。あなたの治療を受けるであろう患者さんの為に言ってるんだ。

 

圧倒的な鍼灸の勉強量を持つか、5−10年以上の鍼灸師としての治療経験を持っていなければ、豪華客船を目指す前にやるべきことがある。
英語の勉強をするより治療の勉強をした方が良い。


豪華客船で働く為にはまずは一人前の鍼灸師にならなければならないということを忘れないで欲しい。

こう言った忠告を受けてなお、自分なら出来るという根拠のない自信を持っている人は是非豪華客船にチャレンジして欲しい。22歳の僕がそうだったように。
年齢やキャリア年数なんか関係ないと僕は思っている。

必要なのは確かな腕と知識だ。

 

おわりに


今回の記事は、おそらく豪華客船を目指す人の不安を煽るような記事だろう。

しかし、これが現実である。船に乗ってから現実を知るのではなく、船に乗る前から現実を知っておいた方が良いと僕は考えているからこのような記事を書いた。

豪華客船は易しい職場ではないし、かなりのプレッシャーをかけられる職場だ。
何を持って成功とするか次第ではあるが、そんな環境の中でチャレンジを続け成功を掴み取れる人はそう多くはない。

僕は、せっかく豪華客船に乗るのであれば、チャレンジする日本人鍼灸師には成功してもらいたいと思っている。その為に必要なのが自分の治療に対する自信だと思っている。

 

だから、豪華客船を目指す人はまず治療の腕や知識を磨いて欲しい。

船に乗るだけなら英語が流暢に話せるようになれば良い。だけど、あなたが豪華客船で治療するであろうゲストのことを僕は考えている。彼ら彼女らの為を思うと腕のない鍼灸師には豪華客船に乗って欲しくないとさえ僕は思う。

 

最後に、

過激かもしれないけど、カリフォルニア留学時代にとある鍼灸師から言われた言葉を皆に送ろう。


『治せない治療家はクソだ。そんな治療家はさっさと仕事を辞めて治療家業から離れた方が良い。これはお前の為に言っているのではない、将来お前の治療を受ける患者さんの為に言ってるんだ。』

 

これを言われた時は耳が痛かったけど、考えてみれば当たり前なこと。

あれから6年、ひたすら勉強を続けて来たから今の自分がいる。
今ではその鍼灸師の意見に100%同意である。

治療の勉強をしない、自分の知識と腕を磨かない治療家はさっさと仕事を変えた方が良い。鍼灸師に向いてない。そして、豪華客船なんて夢のまた夢の話。現実を見よう。

この記事を読んでなお、本気で豪華客船を目指す鍼灸師の方には最大限のサポートをします。本気の方はいつでも連絡してください。どうすれば良いのか一緒に考えます。

MITS

 

おすすめ記事↓ こちらを読んで荒んだ心を癒してください。

豪華客船のスパに可愛い子は働いているのか?


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

blog about

ブログでは鍼灸・医療・身体の事を中心にMITSが実際に経験したことから学んだことを書いています。

時には旅の話や日頃考えていることなど医療と全く関係ないことも書いています。

 

ブログを通して生き方、考え方などを伝えています。MITSの見て感じている世界を少しでも共有出来たらなぁと、このブログを通して人々が幸せに生きる力になれたらなぁと思って書いています。

 

こちら↓でコラムを書いてますので興味がある方はのぞいてみてください。




Recommend
Category
youtube youtube